新年のご挨拶

遅ればせながら、明けましておめでとうございます!

旧年中は、大変お世話になりました。

皆さまには多くのご支援を賜りまして、誠に感謝申し上げます。

 

昨年は、ブルキナファソにおいて前大統領の失脚に伴う政治の混乱があり、首都のワガドゥグを中心に国内では放火や暴動などが起こりました。

しかし、ブルキナファソの方々の国民性なのか、この騒動もすぐに収まり、それまでの平穏な生活に戻っていきました。

もちろん、今年新たな政権が確立されるまでは、ブルキナファソ国内は落ち着かないかとは思いますが、ブルキナファソの国名の意味のように国民は「高潔な人」が多いのだなと、改めて実感いたしました。

 

ブルキナファソにはまだ発症患者はいませんが、西アフリカの他国ではエボラ出血熱が収まらず、心配事は常に絶えませんが、「緑のサヘル」は今年も現地の方々と協力し、より良い活動ができるように頑張ってまいります!

 

では、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

緑のサヘル スタッフ一同

 

CIMG1433

写真は、羊年にちなんで、活動中で飼育している羊たちです。