ブルキナファソのモスクと大聖堂

みなさま、こんにちは!!


今回は緑のサヘルの活動内容ではなく、ブルキナファソの宗教と礼拝所のお話です。


ブルキナファソで信仰されている宗教には、現地固有の伝統宗教、イスラム教、キリスト教があります。

国民の約半数は伝統宗教を信仰しており、その他3割はイスラム教、1割はキリスト教を信仰していると言われています。


CIMG1329

首都で一番大きいモスク。


イスラム教が礼拝に訪れる場所、それはモスクです。

上の写真が、ブルキナファソの首都ワガドゥグで最も大きいモスクです。

金曜日の礼拝時間になると、このモスクの周辺は大渋滞になるほど、たくさんのイスラム教徒の方々がお祈りに訪れます。


CIMG1337

首都の大聖堂。


キリスト教が訪れる場所といえば、大聖堂(カテドラル)。

写真中で奥に見える三角の門が、大聖堂の入り口になります。

大聖堂のほか、首都ワガドゥグにはいくつか教会があります。


ブルキナファソに観光目的でお越しの方がいらっしゃれば、モスクや大聖堂、教会を見学するのもおもしろいかもしれませんね。