「3月, 2012」

【イベント】4月のチャリティ★ナイトのお知らせ

水曜日, 3月 21st, 2012

みなさん、こんにちは!!

4月と言えば、お花見!!春分の日を過ぎてもう春のはずなのに、桜が満開になるのはいつになることやら…


さて、毎月恒例のチャリティ★ナイトのお知らせです。


先月の西アフリカ・ブルキナファソについて知ろう<水編>に続いて、4月のチャリティ★ナイトは<食編>になります。そのテーマは、「飢餓・栄養不足を終わらせるために連帯しよう!」です。

 

ゲストには、ゼロ・ハンガー・ネットワーク・ジャパン事務局の大軒恵美子さん(FAO日本事務所)をお迎えし、ネットワークの概要とともに、ブルキナファソのネットワークと連携して行なっている野菜栽培について紹介していただきます。

この野菜栽培には緑のサヘルも関わっているということで、大軒さんとともに緑のサヘルの代表・岡本敏樹からも活動についてのお話をさせていただきます。

 

西アフリカ、ブルキナファソ、食糧、おいしいアフリカ料理などなど、どれか一つでも興味がある方、是非お越しください♪♪



コピー ~ チャリティナイト(ちらし)


———————————————————————————————-


 

西アフリカ・ブルキナファソについて知ろう<食編>

飢餓・栄養不良を終わらせるために連帯しよう!

 

4月のチャリティ★ナイトは、西アフリカ・ブルキナファソについて知ろう<食編>。ゲストに、ゼロ・ハンガー・ネットワーク・ジャパン事務局の大軒恵美子さん(FAO日本事務所)をお迎えします。

ゼロ・ハンガー・ネットワーク・ジャパンは飢餓・栄養不良問題の解決を目指す世界的な連帯のフレームワークであるAlliance Against Hunger and Malnutritionの国内版として、2011年3月に設立されました。NGOや民間企業、国際機関が、情報発信や啓発活動などの相乗効果を図るほか、連携を強める取り組みを後押しします。今回は、ネットワークの概要と、西アフリカ・ブルキナファソのネットワークと連携しながら行なっている野菜栽培について紹介します。

 

この日は一夜限りのスペシャルメニュー!アフリカ料理やドリンクをトライブス風にアレンジします。

アフリカの料理を楽しみながら、気軽に国際協力してみませんか?

 

みなさまお誘いあわせの上、お気軽にお越しください♪♪

 

 

日時: 2012年4月10日(火)  18:30~22:00

場所: 神楽坂アフロフレンチダイニング トライブス(Tribes)

総武線・飯田橋駅西口、有楽町線・南北線飯田橋駅B3出口から徒歩5分

東西線・神楽坂駅神楽坂出口から徒歩7分

大江戸線・牛込神楽坂駅A3出口から徒歩5分

トライブスHP: http://www.tribes.jp/toiawase/index.html

 

主催: 神楽坂アフロフレンチダイニング トライブス(Tribes)

企画: (特活)ハンガー・フリー・ワールド/緑のサヘル

お問い合わせ: 緑のサヘル agsj_tokyo@sahelgreen.org まで。


ブルキナファソの薬局

木曜日, 3月 15th, 2012

ブルキナファソの薬局についてのお話。


CIMG0581

ブルキナファソの薬局


ブルキナファソでは、このような薬局が街中にいくつかあり、様々な種類の薬が売っています。

病院の診察を受けた場合には、処方箋が渡され、それを薬局に持っていき薬を買うことになります。


ところが・・・

ブルキナファソの場合には、処方箋がなくても薬を買うことができます。

日本は絶対、市販の薬以外は処方箋なしに薬を買うことはできませんよね。


CIMG0579

薬局の中の様子


たくさんの薬が置かれていますね~


CIMG0580

薬剤師のお姉さん


ブルキナファソの薬局では、日本のCMでも最近耳にするようになったジェネリック医薬品(後発医薬品)や新薬(先発医薬品)が販売されています。

新薬は高価、ジェネリックは安価であるということから、多くの人々は(特に地方都市では…)ジェネリックを使用しているようです。



3月のチャリティ★ナイトを開催しました!

木曜日, 3月 15th, 2012

徐々に寒さも和らいで、春の訪れが間近に感じられる時期になってきましたね。

そんな雰囲気の3月13日(火)に、神楽坂・トライブスにてチャリティ★ナイトが開催されました!

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!!


今回のチャリティ★ナイトでは、西アフリカ・ブルキナファソについて知ろう<水編>「小学校にきれいな水を!!」というテーマで、緑のサヘルの町慶彦がブルキナファソの水事情についてお話しました。


IMG_0336

井戸から汲んだ汚い水の写真をもとにしたお話の最中



今回の講演では、ブルキナファソの首都ワガドゥグと村落部の水事情(井戸と水道事情)、日本企業のCSRで小学校に井戸を建設した際のプロジェクト内容、井戸の掘削方法・水質調査の方法、などについてのお話でした。


小学校の生徒数は数百人おり、一つの井戸を設置しただけでは井戸の取り合いになってしまいます。そこで井戸設置プロジェクトでは、井戸を建設するとともに、小学校の各クラスに給水タンクを設置して、子ども達全員が水を使用できるようにしたそうです。その結果、小学校の衛生環境も良くなったそうです。


ほかにも、日本とブルキナファソの水質調査の基準には違いがあること、ブルキナファソの井戸建設技師はユーカリやアリ塚の場所で水源がわかる、といったように貴重なお話を聞くことができました。


さらにおもしろいことに、町がブルキナ現地駐在をしていた際、のどが渇いて仕方なく汚い水を飲まなければならなかった時に、水を飲むためにワカマツという薬(胃腸薬)を飲んだとのことでした!!(この薬のおかげで、腹痛が起こらなかったのだとか・・・笑)


IMG_0338

みなさま、興味津々で聞いてくださいました!


チャリティ★ナイト当日は、ブルキナファソにちなんだフード&ドリンクが提供されました!!

その一部をご紹介しましょう♪


IMG_0325


左から「ビサップカクテル」(ビサップ=ハイビスカス)、「ワガドゥグ」、「フェスパコ」(ブルキナファソで2年に一度開催される映画祭にちなんで…)


IMG_0324


ブルキナファソの一般的な料理である「リ・ソース(トマトソース)」と「リ・ソース(ピーナッツソース)」


次回4月10日のチャリティ★ナイトもブルキナファソにちなんだ料理が提供されると思いますので、おいしい料理を食べながら楽しいお話を楽しんでいただければと思います♪♪


☆★次回の予告☆★


日時: 2012年 4月 10日(火)  18:30~22:00

場所: アフロフレンチレストラン神楽坂トライブス


テーマは、西アフリカ・ブルキナファソを知ろう<食編>「飢餓・栄養不良を終わらせるために連帯しよう!」。

ゲストに、ゼロ・ハンガー・ネットワーク・ジャパン事務局の大軒恵美子さん(FAO日本事務所)をお迎えします。