家畜肥育プロジェクト用の羊たち

緑のサヘルが活動している地域にて、プロジェクトのひとつとして家畜肥育も行なっています。

特に丸々と良い羊が育つよう、品種も選択して家畜の肥育をしています。


ブルキナファソ国内では、イスラム教のお祭りであるタバスキ(犠牲祭)の際に羊を解体します。

そして、近所の人たちを呼んで皆一緒に羊を食べて、お祭りを行ないます。

そういったイベント時には、ブルキナファソ全国で羊が売れるため (特に、丸々太った家畜は高値で売れるのです!)、家畜肥育によって現金収入を得ることができます。


mouton01

緑のサヘルのプロジェクトで行なわれている家畜肥育の様子。


家畜肥育をしている様子を見に行ったところ、ちょっと変わった風景が見られました。

皆さん、羊の体が紫色をしているのがおわかりになるでしょうか・・・

なぜこのように紫色をしているのかというと、

おしゃれをさせているわけではなく…


なんと、消毒のために紫色になっているとのことでした!