村の暮らし

今回は、ニジェール国境近くのタカバング村の様子をご紹介します。

ここでは年間降雨量がおよそ350mm、人々は半農半牧の生活を営んでいます。

ブルキナファソ国内でも生活環境がもっとも苛酷な場所のうちのひとつですが、時間がゆっくりとながれていて、みんな穏やかにくらしています。

DSCN1628

穀物を運んでいるお母さんたち

DSCN1627


DSCN1407

村の中の市場にて。たいがいのものは直してしまいます。

DSCN1426

壺を作成中のお母さん