お母さんたちが絞ったバラニテスのオイル

ちょうど1年前に搾油の講習会を行なったヤルカ村。

あれから村のお母さんたちが講習会で習った技術を使い、

近所でとれる木の実の種から油を絞り、それを販売するという活動をこつこつと続けています。


写真は女性グループのメンバー(右)と、バラニテスオイルを購入した村の男性です。

727

私たちも試しに味見させてもらいましたが、

においはかなりきつく、なめると苦味がとても強いです。

でも虫刺され(サソリに刺された時も!)などに効果があるということで、大変人気があります。

飲んでも塗ってもよし、とのことでしたが、スプーン小さじ1杯でも私は相当覚悟して飲まなくてはいけないな・・・という感じでした。


バラニテスオイルは、リットルあたりの単価が蜂蜜の約5倍。

お母さんたちの重要な副収入源となっています。