給水タンクで手洗い

現在、暑さと砂ぼこりが絶好調のブルキナファソ。

校庭(640x480)

昨年末に緑のサヘルは三菱商事の協力を得て、ワガドゥグ市内の2つの小学校に井戸を掘りました。

井戸設置後、この井戸の近くに野菜の菜園をつくり、学校給食の支援をしています。

しかしこの井戸だけではまだ、300人近くの生徒全員がきれいな水を満足に使える状態ではありません。井戸が校舎の真隣にあるわけではなく(水が出るポイントに井戸を掘るため)、ポンプで水を汲むのにも労力と時間がかかるからです。

そのため今回、みんなが手軽にきれいな水を飲んだり手を洗ったり出来るように、各クラスに給水タンクを設置しました。

井戸 (640x480)

前)学校で水を使えるのはここ一箇所だけでしたが

      ↓

教室内 (640x480)

今)全ての教室の中に給水タンクを置き、いつでも水を使えるように



手洗い中 (640x480)

こまめに手洗いできるようになりました


石鹸たわし (640x551)

石鹸やタワシの配布を待っている生徒たち