ブルキナごはん4

今回はブルキナファソの食材事情についてご紹介します。

基本的にアフリカでは、旬のものしか食べられません。

12月、1月に大量に出回っていたインゲンも、レストランのメニューから消えました。

タマネギは保存がきくので年中出回っていますが、値段がかなり動きます。

IMG_0860

自分の欲しい量を伝えると、こんな風に黒いビニール袋に入れて売ってくれます。

とっても硬いタマネギにあたった時は切るのに一苦労です。

日本のタマネギを切る時の10倍くらい涙がでます。凄い威力です。


IMG_0862

葉っぱの部分は、頼めば手でちぎってから渡してくれます。


そして果物は、オレンジからマンゴーの季節へ。

マンゴ_3(圧縮版)

出始めの頃よりも、だいぶ大きくてころころしたものがでるようになってきました。


マンゴ_9(圧縮版)

濃厚な甘さのおいしいマンゴー。

値段は、大きさや量によりますが、上の大きいマンゴーだと約30円です。


市場のマンゴ

市場の様子。オクラやサラダ菜、じゃがいもなども買えます。

それらの食材を、以前お伝えしたMAGGI(マジー)で味付けして色々なソースを作ります。