砂漠化に直面する人々にとっての食糧価格高騰問題

10月9日、アフリカ日本協議会・ハンガーフリーワールド・JVC・明治学院大学国際平和研究所共催の連続公開セミナー「食糧価格高騰がアフリカ諸国に及ぼす影響」第4回で、代表岡本が『砂漠化に直面する人々にとっての食糧価格高騰問題』と題して講演しました。


食糧価格、特に穀物価格の高騰がアフリカに与える影響は、これまで様々な形で発信され議論されてきました。しかし、穀物といってもとうもろこしミレットソルガムな ど様々なものがあります。全ての穀物価格が高騰していることは確かですが、その価格の上昇幅は穀物により様々です。先進国で消費されないミレット、ソルガ ムに比べ、米の価格高騰は顕著です。そして、米の高騰が与える影響は、米を大量に消費する都市部に特に大きな打撃を与えます。人口の都市集中が進みつつあ るアフリカには深刻な問題です。今回のセミナーでは、この点を明確にすることが出来ました。


seminar_002