下橋中学校からご寄付

10月23日、岩手県立下橋中学校の2年生が修学旅行で東京へいらしており、緑のサヘルの事務局長の菅川が宿泊ホテルへ講演に行きました。中学生は、修学 旅行ということで興奮気味だったということもありますが、スクリーンに写された写真に対する反応も大きく、また活発に質問も出ました。夕食後の疲れていた だろう時間帯にこんなに真剣に聞いてくださり嬉しくなりました。


058_4


下橋中学校は、10年もの間、毎年緑のサヘルへの募金活動をしてくれてい ます。しかし、最近活発に活動に参加する生徒が少ないという課題があり、なんと学園祭で生徒たちがエコ・フォーラムなるものを開催し、何が問題か、どのよ うな解決方法があるのかを議論したんだそうです。そして、一つの結論に達しました。


現在、緑のサヘルはブルキナファソで小学校緑化支援を 行っています。今年から、下橋中学校の募金はこの活動に使用されることになりました。やはり、自分たちの集めたお金が、何に利用されているのか、そしてど のような現地の反応があるのかが分かると、遠いアフリカのことも身近に感じられるようになりますね。


それにしても、最近の修学旅行って学習要素超満載ですね。私たちのころもこんなだったかしら。