トウモロコシの乾燥の仕方

ブルキナファソでは、毎年年末にかけて穀物の収穫期となります。

この時期、住民の皆さんは様々な穀物を収穫するために、毎日大忙しです。

 

穀物を収穫する際には、十分に乾燥させてから穀物庫に貯蔵することになります。

よって、ミレット(トウジンビエ)やソルガム(モロコシ)、トウモロコシを十分に乾燥させなければならないわけですが…。

どのように乾燥させているのか、ご存じですか?

 

今回は、トウモロコシの乾燥方法を紹介したいと思います。

 

 
CIMG0920

住居のまわりの木の棒に引っ掛けて乾燥させる。

 

CIMG0072

木の幹に引っ掛けて乾燥させる。

 

大きな木の上でトウモロコシを乾燥させていますが、いったいどうやってのせたのだろう?と思ってしまいます。

高いところまで、たくさんのトウモロコシを運ぶのは大変ですよね。