【ブルキナファソでの活動】蛇籠設置後の様子

蛇籠設置後の様子、第二弾です!

 

以前、蛇籠(鉄線を用いて籠を作り、その中に砕石を詰め込んだもの)を設置したことでむき出しになった樹木の根が砂で覆われたというお話しをしましたが、覚えていただけてますでしょうか?

 

蛇籠の効果が発揮され、様々な場所で土壌(砂)の流出が抑えられ、砂が堆積するようになりました。

 

CIMG0062

砂を手で掬ってみたところ。

 

さらに、蛇籠を設置したおかげで土壌回復の効果もあったのか、生育状況も改善され、新葉が出るようになるなどシアの木の成長が良くなりました。

 

CIMG0060

蛇籠設置場所周辺のシアの木。

 

様々なところで蛇籠の設置効果が見られ、嬉しい限りです。

さらに、自然環境や住民の生活環境に、良い効果がもたらされることを願っています。

 

今回の話に出てきたシアの木ですが、この木の実を使って作られるのが「シアバター」です。

シアバターのクリーム(ハンドクリーム等として使用できます!)を「緑のサヘル」もイベントなどで販売しています。

様々な匂いのシアバタークリームがありますので、是非イベントなどにお越しいただき、試してみてください!!