小学校植林の表彰式が開催されました!

毎日暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしですか?

もしかすると、日本よりもブルキナファソのほうが暑くないのでは、と思う今日この頃です。


さて、今回はブルキナファソで行っているプロジェクトのお話です。


小学校緑化支援事業では、19校の小学校を対象に植林活動を行っています。

毎年、前年に植林した苗木がどれくらい良く育ったかを競い、表彰式を行います。

毎年毎年、どの学校も一生懸命苗木の世話をし、大切に育ててくれています。


少し前の話にはなりますが、今年も表彰式が行われました。

そして、19校の中で最も良く苗木が育った小学校は、ニエネガ小学校でした。


bosque scolaire

ニエネガ小学校校長が受賞した様子。


また、各学校に対して、「緑のサヘル」マークの入った表彰状を渡しています。


Ecole de Yalka

表彰状を手に持つ小学生。


さらに、参加した19校の小学校には、スコップやバケツがプレゼントされます。


bosque materiel

各小学校へのプレゼント。


今年度の小学校植林も、すでに始まっています。

来年はどの小学校が1位になるか楽しみですが、どの学校も今年以上に頑張って苗木を育ててくれることを願っています。