【イベント開催】連続公開セミナー「食べものの危機を考える」2012年度 第3回「帰国報告:ブルキナファソの食料不安」


今回は、緑のサヘルの代表・岡本敏樹が講演いたしますイベントのご案内です。

来週7月26日(木)18:30より、明治学院大学白金校舎 本館4階1455教室にて開催されます。

詳細は、以下の情報をご覧ください。


サヘル地域の基本情報から食料難に陥ってしまう背景まで、ブルキナファソの食料不安の現状についてお話させていただきます。

ご興味のある方は、是非お越しください!

 

——————————————————————————————————


□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明治学院大学国際平和研究所(PRIME) 「平和学を考える」
AJF・JVC・HFW・明治学院大学国際平和研究所(PRIME)共催
連続公開セミナー「食べものの危機を考える」2012年度 第3回

「帰国報告:ブルキナファソの食料不安」
講師:岡本敏樹さん(緑のサヘル代表理事)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□■

西アフリカのサヘル地域では、雨季に1年分の食料を生産して乾季に
備えますが、昨年は雨季に十分な雨が降らず、穀物の不作が深刻であっ
たことから、人々の食生活に大きな影響が出ています。昨年、ソマリア
で発生した飢饉のような緊急事態には陥っていないものの、食料価格の
値上がりや内戦などの影響もあって、地域によってはもともと1日2食
だった食事を1日1食に減らす、1食の食事の量も更に減らすなど、
厳しい状況が続いています。
第3回の今回は、国際協力NGO緑のサヘルの代表理事である岡本敏樹
さんに、ブルキナファソの食料不安の現状について、帰国報告していた
だきます。また、わずかな降雨の遅延で食料難に陥ってしまう背景には
どのような問題があるのか、この地域に住む人々が安心して食べていく
ためにはどのような課題があるのか討議します。
皆さまふるってご参加ください。

**********
【講師プロフィール】
●岡本敏樹さん(緑のサヘル代表理事)
緑のサヘル代表理事。1997年に緑のサヘルに参加。約20年にわたって
西アフリカにおける国際協力活動に携わる。現在も1年のうち約半年を
現地で過ごしている。

**********
┏━━━━━━━━━━━━━━━
┃開催概要
┗━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】2012年7月26日(木)18:30~20:30(開場18:15)
【会場】明治学院大学白金校舎 本館4階1455教室
アクセス http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane/
(JR品川駅・目黒駅よりバスで約10分、東京メトロ白金高輪駅、
白金台駅、高輪台駅より各徒歩約7分)
【参加費】500円*共催団体会員、明治学院大学在籍者は無料
【申込み】(特活)ハンガー・フリー・ワールド
担当:儘田  hfwoffice@hungerfree.net