【東日本大震災】被災地の方々へのお見舞いメッセージ

東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げますと共に、お亡くなりになられた方々に対し、心よりお悔やみ申し上げます。


このたびの災害に対し、多くのNGOが立ち上がっています。残念ながら「緑のサヘル」は災害支援のプロではありませんので、今回は以下のとおり募金の呼びかけという形で、被災地で活動を行なっているNGOを側面支援することにしました。


「緑のサヘル」も参加しているNGOのネットワーク、「(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)」には、96団体が正会員として加盟しています。このうち、国内外の緊急災害支援に高い専門性と実績を有する32※団体が、現在被災地で救援活動を行なっています。


JANICでは、東日本大震災で被災された方々を支援するため、「東日本大震災 支援活動まとめて募金」を開設しています。こちらへのご寄付は、被災地で活動を続けている32※団体に均等に振り分けられ、被災地のニーズに応じた迅速な人道支援に役立てられます。皆さまのご協力をお願い致します。


(特活)国際協力NGOセンター(JANIC) http://www.janic.org/

東日本大震災 支援活動まとめて募金  http://www.janic.org/bokin/matomete/matomete14.php

(※2011年4月14日現在)



<東日本大震災・現地からのメッセージ>


3月11日(金)に発生した太平洋沖を震源地とする地震により、亡くなられた方々の

ご冥福をお祈り申し上げます。また被災された方々へ心よりお見舞いを申し上げます

とともに、一日も早い復旧復興を願っております。

 

当団体のパートナー団体より:

 

ブルキナファソ飢餓対策連盟

ブルキナファソ飢餓対策連盟の全てのメンバーより、今回の震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、そのご家族の方々、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。  代表 トラオレ・シモン


「ブルキナファソ飢餓対策連盟」と「緑のサヘル」は、「国際連合食糧農業機関(FAO)」を中心とした、飢餓を撲滅するための連携組織、ゼロ・ハンガー・ネットワークの一員として、ブルキナファソ各地で野菜栽培などの活動を行なっています。


緑のサヘルと協力して植林活動を行なっている小学校より:


カルゴ小学校

いろいろなメディアや新聞を通じて、日本で壊滅的な被害が生じ、何千人もの人が亡くなられたことを知りました。私たちの祈りが、喪に服している全て の家族の方に届くことを願っています。亡くなられた方々のご冥福を祈るとともに、二度とこのような災害が起こらないことを願っています。


サントルB小学校

保護者と教師と生徒たちの名において、また校長である私の名において。日本の方々が遭われた壊滅的な突然の出来事を目にし、犠牲者の方々の思い出に 対して、遠く離れた私たちからのお悔やみと悲しみをお伝えします。私たちが示す同情は、疑いなく精神的な支えであることの示しであり、深いつながりの証で す。


コングシ市立バム小学校

日本の兄弟姉妹の皆さん。私と全ての教師、生徒、保護者、PTAから、今回皆様が受けられた被害に対して、お悔やみを申し上げるとともに、私たちが 皆様と共にいることをお伝えします。また、私たちは、失われた全ての思い出に哀悼の意を表し、亡くなられた方々の魂に平安が訪れるように願っております。 今回の震災で被災された全ての方々の支えになれば、と心から願っています。最後に、「二度とこんなことが起きないように」と願う私たちの心からの叫びをお 伝えします。

親愛なる日本の皆さん、このたび皆さんがお受けになった大きな被害に対し、全ての教師と子供たち、保護者を代表して、お悔やみ申し上げます。失われ てしまった全ての思い出に哀悼の意を表すると共に、犠牲となった方々の魂が、安らかにお眠りになられますようお祈り致しております。本当に、もう二度とこ のような悲劇は、起きてほしくありません。

私たちは、今回被災された全ての方々の支えになりたいと、心から願っています。日本の皆さん、私たちの心は、いつも皆さんと共にあります。一緒に頑張りましょう。


ワガドゥグ市ブルミウグ学区

ブルキナファソの首都ワガドゥグにあるブルミウグ学区の責任者を務めているサラム・ヤラと申します。3月11日に日本の東北地方を襲った大震災によって14,000名以上の方々がお亡くなりになり、多くの都市が壊滅的な被害を受けたことを、メディアを通じて知りました。

私ども教員、そして子供たちは皆、一様に大きな衝撃を受け、日本の皆さまが受けておられる苦しみを、まるで我が事のように受け止めています。全てのブルキナファソ国民が、日本の皆さまのお気持ちを慮っています。

皆さま、どうか元気を出して皆さまの素晴らしい国、日本の再建に向けて、力強く立ち向かって下さい。