改良かまどの講習会

先日、コングシのヤルカ村で女性を対象とした改良かまどの講習会を行ないました。

村で一般的に使われている3つ石かまどよりも、改良かまどの方が燃料効率が良いということは、

ブルキナファソの小学校の教科書にも載っています。


改良かまどを正しく使えば、薪の使用量を最大で40~50%減らすことが出来るため、

地域の環境保全につながります。

また薪集めは女性の仕事なので、薪の使用量が減れば女性たちの家事負担が軽くなります。



そのため、かまど実習の定員は20名だったのですが、村の女性たちの関心がとても高く、1日目の講義には40人近くの人が集まりました。

講習会は和気藹々とした雰囲気のなか作業が進められ、とても楽しそうでした。

1629

講師の説明に皆熱心に聞き入っています


1587

かまどの土台となる石を用意している最中です。