タンザニアと秋の空

先日、2週間の調査を終えて、タンザニアから帰国しました。


日本は、9月になっても真夏の暑さに衰えをみせませんが、私が滞在したタンザニア

北西部、ブルンジ国境に程近い地方都市 キボンド市では、ひと足早く「秋の気配」を

感じてくることができました。


とは言いましたが、アフリカのほとんどの国には、日本のような四季はなく、タンザニア

では、10月から5月までの雨季と、6月から9月までの乾季に二別されているので、

厳密にいうと「秋」はありません。


しかし、乾季に当たる今、日中の気温が30度に上がっても湿度が低いため、たくさん

歩いてもほとんど汗をかくことはありません。また、キボンド市は標高1500mにあるので、

朝夕の気温は15度を下回り、まさに晩秋を想わせるような肌寒さがしました。


皆さんは、日ごと低くなる気温と短くなる日照時間の他に、どういうサインで秋を感じますか?  

・・・店頭に並ぶ新鮮な秋刀魚や、変わりゆく街路樹の葉色など、いろいろあると思います。


そんな中、秋のないタンザニアで私がみつけた「秋のサイン」は、コレ↓↓ 

        秋のないタンザニアで、ひつじ雲をパチリ! 

ひつじ雲です。

高層ビルのそびえ立つ東京とは違い、タンザニアでは、空がむき出しなので、空の表情が

とても印象的です。


今回の出張分も含め、現地で撮影した写真をよくよく見てみると、アフリカならでは(?)の

ユニークな空模様をいろいろ発見したので、また次の機会にご紹介します。